Contact Form 7の自動返信の内容を条件分岐させる方法

実装ページ:
お問い合わせ | 医業経営をトータルサポートする 株式会社金沢医業経営研究所

 

今回の案件:
ラジオボタンで以下3つの選択肢があり、「資料請求」を選択したときのみ自動返信メールに資料ダウンロードURLをつける。

  • セミナー申し込み
  • 資料請求
  • それ以外のお問い合わせ

 

やったこと:

  • functions.php に条件分岐させるためのコードを記述
  • contact form7の「メール」の「メール (2)」の「メッセージ本文」に、出力用のメールタグを記述

 

実際にfunctions.php に記述したコード:

 

contact form7>「メール」の「メール (2)」の「メッセージ本文」に独自のメールタグ名(今回の場合は[url])を記述する。

 

「メッセージ本文」の内容↓

その他お問い合わせ内容:
[textarea][url]

 

今回は「資料請求」の時のみ出力だったため、改行は上のコードの「$output」の「\n」で出力し、「メッセージ本文」では出力する箇所の前のメールタグに続けて書いた。

 

選択肢AならメッセージA、選択肢BならメッセージB、というように全てメッセージを出す場合は改行も「メッセージ本文」でOK。

全てメッセージを出す場合のfunctions.php

 

 

参考サイト:

 

セレクトタグならこっち(動作未確認)

【WordPress】 Contact Form 7の自動返信の内容を条件分岐させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です